FC2ブログ

LINE上手は恋の勝者!?

好きな人にLINEを送りまくるのは、ダメなことなのでしょうか? 好きな人とは、ずっとつながっていたい……と思ってしまうものですよね。
もちろん、好きな人だからこそ、迷惑をかけたくない、嫌われたくないという気持ちはあると思います。

ですが、LINEなど、設定一つで、自分の好きなときに読み、好きなときに返信できるものですから、そこまで気を使わなくても、もっと“うまく”活用できるはずです。

送りまくったその数の分だけ、相手が愛に包まれる……。そんな“さびしんぼが愛の勝者になれる”方法はないでしょうか?

今回は、“しつこいと嫌われないLINEの送り方”を考えていきたいと思います。

カップル

■“気を使わない楽な子”キャラになる

「LINEで“ウザい”と感じさせてしまうのは、実は送る“数”はあまり関係がありません。問題なのは、その内容です。

普段から、軽い内容でポンポンと気軽に送るキャラを演じておけば、相手も返信に焦らないし、うっかり既読スルーしてしまっても、“嫌な気持ち”をもたずにすみますから。

こうした、“気軽にLINEキャラ”になるには、以下のNGを送らないようにだけ、気をつけてください」

1:長文LINE

「長いLINEほど、読んでいて苦痛なものはないです。よほど文章が上手な子ならば別ですが、多くの場合、読むだけで疲れてしまいます。
しかも、LINEの場合、読むだけでなく、書いて返信しなければなりませんから、これは苦痛。

“俺も、この熱量で返さなきゃいけねぇのかよ……!”
と返信自体をあきらめてしまう可能性もあります。長文が送られてきているのに、“そうだね”と一言や、スタンプ一個でピコーンと返すのは、なかなか勇気がいる行為ですからね」

2:重いLINE

「重い気持ちが入ったLINEも、苦痛を感じさせます。

長文のほうが“重く”なりがちですが、短い文でも重いものはあります。

“返信まだかな?”

“いまどこにいるの?”

のようなメッセージがそうですね。LINEをたくさん送ってしまう女性が、“しつこい”と嫌がられるのは、たくさん送るほど、こういった内容を送ってしまいがちになるからです。

常に“遊びの気持ち”、“相手を楽しませる気持ち”をもっていれば、送る回数だけでは、そこまで重く感じさせることはありません」

3:細かいLINE

「例えば遊ぶ約束をする際に、あまり細かいことを決めようとすると、男性から“しつこい”と思われるリスクがあります。

例えば、“土曜、13時に新宿でー”とざっくり決まったとしましょう。これに対し、“新宿のどこにする?”はちょっとしつこいです。

男性の場合、LINEでつながっているのですから、土曜の13時に新宿に着いたら、“新宿着いたよー。どこいる?”くらいの、気楽な約束のほうが好きなことが多いのです。

もちろん、目的のお店などが決まれば、待ち合わせ場所などももう少し細かく設定できるでしょうから、どうしても前もって決めておきたい場合は、“なに食べたいー?”などのLINEを送って、そこから決めていくようにすると、嫌がられないでしょう」


いかがでしたか。

「相手との“信用”さえ築くことができれば、送る数はあまり問題にはなりません。長文になってしまったり、重くなってしまったり、細かくなってしまったりするのは、相手のことを信用していない証拠。まずは良好な関係を築くために、自分から相手を信用しましょう。

そうすれば、気さくな内容で、ポンポンと送れるようになりますよ!」



アルファ・アドバイザーズ パートナーでは、アドバイザーによる恋愛アドバイスやイベントを行っています!
絶賛婚活中の方、まさにこれから婚活を始めようとしている方、出会いがないと嘆いている方などなど…あなたの状況に合わせてお話します!
また、登録してくださった会員の方限定で色々な情報も発信しています!ココではお話できないもっとDEEPなことなどなど…
登録はもちろん無料ですので、ぜひ会員登録お願い致します!
HPにも遊びにきてください!
アルファ・アドバイザーズ パートナー
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント