FC2ブログ

このまま一生独身かも!? 30代後半アラサー独身女性…

前回よりお送りしております ‘結婚できるかなと不安な36歳独身女性に知って欲しいこと’ 続編です。

download_20180503135233461.jpg


(4)仕事や会社のせいにしない。仕事の経験が婚活に生きることもある

36歳ともなると、仕事でも責任あるポジションを任されることになります。そうなるとついつい「仕事が忙しいから」と仕事を言い訳にして、出会いから逃げる方もいますが、仕事は40歳、50歳を過ぎても頑張れます。

結婚も何歳になってもできますが、歳を重ねるほど条件が厳しくなりますし、子供が欲しい方にとってもシビアになっていく問題です。自分が人生で何を求めているのか、何を優先すべきなのか改めて考えてみましょう。

仕事と婚活はまったく別物だと捉える方もいますが、仕事で培った経験は婚活に活きることもあります。よく婚活をビジネスに捉えて戦略を練る方もいますが、相手の欲求を満たして、自分の望みを叶えるという点では、ビジネスと婚活は似ています。

あなたが仕事で培ってきたスキルはなんでしょうか。ビジネススキルも全て、あなたの魅力として婚活に活かしましょう。

(5)×「結婚できるかな?」→〇「どうすれば結婚できるかな?」

結婚できるか不安になっている人は、自然と「結婚できなかったらどうしよう?」と、結婚できなかった場合のことばかり考えています。一生独身のままでいるときに備えての準備ばかり考えて、そもそも婚活に集中できていません。

まずは、理想の夫婦生活をイメージして、どうしたらそこにたどりつけるか逆算して考えましょう。

「こんな夫婦生活なら、こんな男性と結婚した方がいい」

「こんな男性なら、こんな出会いの場に行けばいい」

と、成功のイメージが明確なほど、明確な計画が立てられるようになってきます。計画通りに行かなければ、また新しく計画を練り直せばいいだけです。

結婚できるかと悩むのも、どうしたら結婚できるかと考えるのも、あなたの考え方ひとつです。あなたの頭をどう使っても、時間は同じくすぎていきます。どうせ同じく頭を使うなら、幸せに繋がるように頭を使いましょう。

未来が大事な人にとって36歳の今日は一番若い

過去にとらわれる人にとって今日は最年長

36歳のあなたは20代の女性を見て、若くて羨ましいと思うでしょうか。

しかし、このまま何もせずに40歳になった時、きっと36歳の女性を見て若くて羨ましいと思うでしょう。

過去にとらわれて後悔している人は、その時できることを全力でやってこなかった人です。結果はどうあれ、目の前のことに本気でぶつかってきた人は、「もっといいやり方があったかも」と思うことはあっても、次に進めます。目の前のことをおざなりにしてきた人は「あの時やっていれば」といつまでたっても、過去にとらわれて前に進めません。

周りの目を気にしたり、仕事が忙しいからと婚活を後回しにしてきた人は、「あの時ちゃんと婚活していれば」と後悔するイメージが持てているでしょうか。ものごとに本気になるのに遅いということはありません。あなたが本気で婚活をする気になったのなら、今日ほど若い日はありませんし、今までで一番魅力です。やる気が気まぐれに変わる前に、まずは何か具体的な一歩を踏み出しましょう。

アルファ・アドバイザーズ パートナーでは、アドバイザーによる恋愛アドバイスを行っています!
絶賛婚活中の方、まさにこれから婚活を始めようとしている方、出会いがないと嘆いている方などなど…あなたの状況に合わせてお話します!
気になる方は、ぜひこちらのページのお問い合わせにメッセージを!(*^_^*)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント